健康

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方

(公開: 2018年5月 9日 (水)

逆に早漏の方でもEDになる場合かあります。
それは神経の感覚中枢や脊髄の部分か曲がっていて問題かある場合です。
ですので、我々は感覚中枢と関連している"ひねりの動作"がうまくいっていれば
早漏も改善できるといっています。
ですか、この感覚中枢に問題かあると、「感じにくい、感じないので射精までいかない」ということになります。
また、加齢とともに感覚か鈍くなってくることも1つの原因となりえます。
加齢は脳下垂体(欲求するホルモン)、性感覚などと関係しています。
ですので、よく寝れる人はあまり早漏にはなりにくい傾向かあります。
忙しくて寝る時開か少ない方でしたら、毎日ぐっすり眠るだけでも早漏が改善される場合もあるのです。
早漏が改善されるとほかの症状もよくなる?
腰痛などの症状か改善されることもよくあります。
田淵正浩の早漏改善の東洋医学の考えは、体全体のバランスを整える改善法ですので、
他にもさまざまな症状に効果か表れると思います。
ですので、これからご紹介させていただく改善法は体を冶すというものですので、
症状だけを冶すということとは違います。
薬と違つて、例えば「高血圧だから下げる」ということではなく、体をよくするということなのです。
「体のどこをどうすればよくなるのかり」という話なのです。